会社設立で必要な印鑑登録とは

印鑑登録という手続きは、会社設立のために必要となります。
会社を作る手続きといえば、定款作りやその届出が中心になるため、印鑑登録を見落とされる方も少なくありません。
しかしこれも非常に大事な必須の手続きで、これをしないと会社の設立手続きが終わらないのです。

これは何をする手続きかというと、これから作る会社用の印鑑を登録する手続きになります。
個人でも印鑑登録はできますよね。
それに近いものなのですが、個人と違うのは、この手続きが必須になっていること。
法人は設立時にこの印鑑登録を済ませることになっており、これをやらないと設立の手続きが進まないようになっています。
そのため、印鑑登録は会社設立にあたっての必須の手続きになるのです。

これをやると、以降はその会社の印鑑の証明をもらえるようになります。
これは法人として営業活動をしていくうえで大事な証明になります。
個人と同じで、なにか重要な契約書を結ぶときには押印をしますが、その印鑑証明もセットで求められることも多いからです。
そのため、印鑑登録はその後の会社運営でも必要になることです。
必須の手続きに入っているため、起業にあたって忘れる心配はあまりありませんが、ここで登録した印鑑がその会社の最も重要な印鑑となります。
その会社の実印として、当面使っていくものを登録するようにしてください。

なお、この印鑑登録で使用するのは、どんな印鑑でもいいわけではなく、法人用の印鑑を登録する形になります。
代表個人の印鑑を使用するわけではありません。
法人用の印鑑とはどんなものかというと、法人の社名などを刻印した専用の印鑑で、法人単位での契約や意思決定を行うときに使うものです。

これはまだ持っていない方が多いかと思いますが、会社設立にあたって発起人が用意します。
あらかじめ作った法人用の印鑑を会社設立のときに登録することで、名実ともにその印鑑が正式な会社用の印鑑となるわけです。
印鑑登録とはこのような手続きになります。