会社設立の印鑑登録手続き

会社設立の手続きでは印鑑登録も必要になるのですが、これはどのような手続きになるのでしょうか?
これは事前に手続きなどを済ませるのではなく、ほかの会社設立手続きと同時に行う形になります。
手続きを行うのは法務局という役場です。
会社を作る流れを知っている方にはおなじみですね。
ここで登記の手続きが終われば、会社設立も完了となります。

この登記の手続きのとき、印鑑登録を一緒に済ませるのです。
このときには定款を始め非常に多くの添付書類が必要になりますが、その中の一つに印鑑登録関係の書類が入っています。
この書類を記入し、提出すると、それがそのまま印鑑登録の手続きとなるのです。
印鑑登録の手続きだけをほかで済ませる必要はありませんし、登記の書類とは別に分ける必要もありません。
登記関係のその他の書類と一緒に提出するだけですから、体感的には登記の手続きの一環だと感じられるでしょう。

会社設立で必要な印鑑登録の手続きとはこのようなもので、それほど難しくはありません。
自分でもできる手続きです。
ただ、ここで申請した印鑑の情報が登録されますから、押す印鑑を間違えないようにしてください。
印鑑登録関係の書類には、これから登録する印鑑を実際に押印する欄があります。
そちらに押した印鑑が、その会社の実印として登録されるのです。

もし押す印鑑を間違えた場合は、どうなるのでしょうか?
このときは会社の実印として使う予定だった印鑑が登録されないことになり、会社設立が終わって営業を開始した後も、その印鑑を重要な場面では使えなくなります。
そうなってはせっかく用意した印鑑が無駄になりますから、自分で手続きをするときは、どの書類にどの印鑑を押すのか、ここだけは間違えないように注意してください。

このようにして届出用の書類を用意すれば、あとは特に難しいことはありません。
その他の登記関係書類と一緒に提出するだけです。
印鑑の登録手続きなどは法務局の方でやってくれますから、提出した後にまた手続きが必要になることもありません。