会社設立と印鑑カード

自分で会社を作るときは、その会社用の印鑑を作り、それを登録します。
これが会社設立の手続きの一つになっていますが、これが終わった後、やっておきたいことがあります。
それが印鑑カードの取得です。
これも印鑑登録の手続きの一つとして、覚えておくといいですよ。

印鑑カードとは、法務局で印鑑登録が終わった後に発行されるカードのことです。
これはなにかというと、印鑑証明を取得するために使う専門のカードです。
印鑑証明とは、登録したその会社の印鑑情報に関する証明書になります。

印鑑を登録する必要性や、そのメリットとは、この印鑑証明によってその印鑑が確かにその法人のものだと証明できることですよね。
印鑑登録は会社設立の手続きの一つになっているため、全員やらないといけないのですが、会社運営を始めた後、その法人用の印鑑証明を求められることも多いです。
そのため、印鑑登録とは建前上必要になる手続きではなく、実務上でも必要性の高い手続きなのですね。

ですからその証明がすぐにもらえるよう、印鑑カードは会社設立が終わった後、作っておく方が非常に多いです。
このカードを取得した後、印鑑証明をもらうためには、このカードと申請書を一緒に提出すればOKです。
印鑑証明は比較的重要な書類になりますが、このカードがあれば、代理人でもすぐ証明をもらえるようになります。
この証明は発行日から3か月以内など、必要になるたびに用意しないと証明書として受理されないことも多いですから、その都度用意する機会も多いです。
そのようなとき、会社の従業員でも簡単にこれが取得できるよう、印鑑カードを作っておくことをおすすめします。

このカードの作り方は、やはり法務局が窓口になります。
これがもらえるのは会社設立が終わった後になりますから、登記が完了したら申請してください。
申請は、印鑑カード専用の申請書がありますから、それを提出します。
この書類は法務局にありますから、登記のとき、ついでにもらってくるとスムーズです。
会社設立時に必要な印鑑登録の手続きの一環として、覚えておくといいでしょう。