会社設立に必要な印鑑の費用

法人用の印鑑の用意は、会社設立が終わった後ではなく、終わる前になります。
会社設立の手続きで法人用の印鑑を登録しないといけませんから、これがないと会社も作れません。
そして法人用の印鑑は発起人が自分で用意しないといけませんから、購入のための費用がかかります。
これがいくらかかるでしょうか?

会社設立のときに必要になるのは、会社としての実印一つだけですから、これだけを用意するなら、それほど費用はかかりません。
実印一つを購入すると、一個で6000〜8000円ほどが相場です。
もちろん印鑑にはたくさんの種類があり、中には高級な素材を使った人気の印鑑もあります。
こちらにすると一つで1万円以上する例もありますが、見た目などにあまりこだわらず、標準的なモデルを選ぶなら、1万円以内のところで、会社設立にどうしても必要な印鑑は用意できるでしょう。
これが基本的な費用になります。

ただ、会社運営にあたっては、実印一つだけでは運営しにくいことも多いため、会社設立の段階で必要な印鑑を一通り揃える方も多いです。
実際にそれをよくおすすめされるのですが、そうすると実印のほか、銀行印や角印といった別の印鑑も一緒に購入するため、費用も少し高くなります。
これら印鑑のセットだと、標準的なもので1万5000円から2万円が相場です。

これが会社設立のために必要な印鑑の費用となるでしょう。
そして印鑑は用意すれば終わりではなく、設立の手続きの中で、それを登録しないといけません。
このときに必要になる費用はあるかというと、ここは特に心配はいりません。

印鑑登録の手続きは、必要な書類を提出することだけです。
その書類はインターネットから無料でダウンロードできますし、作成にあたって何か費用が必要になることも特にありません。
印鑑登録用の書類を提出するときも、このために特別な手数料などは特に必要ないため、特別な費用は特にかからないのです。
このように会社設立で必要な印鑑関係の費用は、主にその印鑑の購入費用だけです。
それも特に高いものではありませんから、忘れずに用意しておきましょう。