会社設立で必要な印鑑の届け出

印鑑の届け出は会社設立のために必要なことです。
法人用の印鑑を作り、それを法務局での登記のとき、一緒に登録しないといけません。
このようなことから、法人用の印鑑は会社設立での必須の準備物になっています。

会社設立で必要な印鑑の届け出の基本とはこのようなものですが、これ以外にも知っておきたい基本があります。
それは、発起人個人の印鑑登録です。
これは会社設立の手続きの中に組み込まれているものではないのですが、これをやっていないと手続きが進められなくなります。

自分で会社を作るとき、公証役場や法務局で書類の届け出をする形になりますが、このときには添付書類として、発起人個人の印鑑証明書が必要になります。
これはどんな書類かというと、今届出をしている人の印鑑情報を証明する公的書類の一つです。
その書類を見ると、届出されている印鑑の印影と、その印鑑の持ち主となる人の氏名や住所などが載っています。
これを添付しないと、なりすましの可能性がありますからね。

この証明書を添付することで、会社を作ろうとしているその発起人は、確かに本人だと証明できるのです。
印鑑も本人のものか、証明書に載っている印影と比べて照会されますから、二重の本人確認がされるようなものです。
これが公証役場でも法務局でも、どちらでも必要になりますから、印鑑証明書は会社設立のためのかなり重要な準備物になります。

これを準備するためには、発起人が印鑑の登録をしていないといけません。
登録する先は、最寄りの市役所です。
法人の印鑑登録は法務局で行いますが、個人の印鑑登録なら一般的な市役所でできますから、それほど手間はありません。

自分がまだ印鑑登録をしていない方は、これを事前にやっておくことが大事です。
手続きは簡単ですが、顔写真付きの身分証明書が必要で、しかも現住所がわかり、なおかつ有効期限内の証明書が必要ですから、これらの用意で手間取る場合があります。
会社の設立でばたばたしている中で手続きするよりは、余裕があるうちにやっておくと、あとの手続きが楽になりますよ。
このような個人の印鑑の届け出も必要になることも忘れないでください。