会社設立中に印鑑を用意するタイミング

会社設立のためには、新しく作った法人用の印鑑を登録する必要がありますが、この印鑑を用意するタイミングは、いつが最適なのでしょうか?
これはまず、会社設立について準備や手続きを始めた後がおすすめです。
印鑑なら早めに用意しておくといいと思うかもしれませんが、タイミングが早すぎると用意が難しくなります。

そのわけは、印面に会社名をつける必要があるからです。
法人用の印鑑をゆっくり見たことはあまりないかもしれませんが、これには会社名が入っているのが基本です。
個人の印鑑なら名字ですが、法人用は社名が主な刻印内容になるわけですね。
社名は会社によってまったく違うわけですから、これはその印鑑を注文するときに、刻印内容として注文を出します。
つまり印鑑を用意するタイミングは、社名が決まった後になるのが普通ですから、会社設立の準備や手続きがある程度進んだ後になるのが普通なのです。

なぜかというと、社名は会社設立の準備や手続きを進める中で、確定するものだからです。
社名の希望は早くから持っている方も多いでしょうが、決め方にも指定があり、どうしても使えるものと使えないものとがあります。
すでに決めていた社名が使えない場合もよくあるため、会社設立の準備等を進め、その社名が使えるとわかってから、印鑑を作るのがおすすめです。
このタイミングはいつかというと、定款作りが終わった後や、その定款の内容の中で、少なくとも商号だけは間違いなく確定できた後です。
このタイミングで、印鑑を用意するといいでしょう。

用意した印鑑を登録する手続きがあるのは、登記のとき、つまりは会社設立の手続きの中で一番最後です。
このときまでに印鑑を用意できていた方が、手続きがスムーズです。
会社の設立を急いでいる方など、定款を作るときに商号は比較的早く決められることが多いですから、まずはこの名前から決め、決まり次第印鑑の注文を出すと、印鑑登録のタイミングまでには印鑑が手に入ることが多いでしょう。