会社設立のための印鑑の重要なポイント

法人用の印鑑を登録するとき、知っておきたい重要なポイントがあります。
会社設立のためにこの手続きは絶対必要なのですが、登録できる印鑑には条件が決まっています。
どんな印鑑でも絶対に登録できるわけではありません。

気をつけたいその重要な条件とは、印鑑の大きさです。
印面の直径がどれくらいのサイズになるかで、登録の可否が決まります。
登録できるのは、印面の直径が1センチ以上、3センチ以下のものです。
この範囲に収まる印鑑なら、会社設立時の印鑑登録ができます。

これはどのようにして測られるのかというと、最低の大きさと、最大の大きさとでそれぞれ枠が作られ、最低の枠は超えている状態で、なおかつ最大の枠の中に収まっているかといった調べ方をされます。
印面の直径が1センチより小さい場合、最低の枠を超えられないため、条件を満たしていないと判断されるのです。
印面が大きすぎると、今度は越えてはいけない最大の枠を超えてしまうため、やはり不可となるわけです。

このように会社設立のときに登録する印鑑の大きさには、サイズに指定があります。
この重要な条件をきちんと満たせるように、適切な印鑑を用意しないといけませんが、そのためにはどうしたらいいでしょうか?
自分で印鑑の印面の直径を測るという方法もありますが、これよりも簡単なのが、法人用の印鑑を売っているショップを使うことです。
こちらでは会社設立のための印鑑も多く販売しており、設立時に必要な印鑑登録に合うサイズのものを主に販売しています。
この中から選べば、サイズ的に印鑑登録ができないといったことは、ほとんどありません。
自分で印面の大きさを調べる手間もありませんし、ショップに出向き、見本を見る手間も省けます。

なお、指定のサイズの範囲に収まるものなら、具体的な大きさは特に問われません。
印面の直径が15ミリでもいいですし、20ミリでも大丈夫です。
印鑑登録にさえ問題ないなら、あとは自分の趣味や、値段などに応じてサイズを決めても大丈夫です。